*}>

Yeoman (ヨーマン社)

ブリティッシュ ホールマーク


Yeoman社のスターリングシルバー製品には 4種類の刻印がされていますが、 これらは全てその製品の価値を裏付けるものです。

ブリティッシュホールマークは、銀の純度を保証し、 製作年等を記録する目的で中世の時代に始まった制度です。
刻印に装飾性が高いこともあって、いつの頃からか、 ホールマークのデザインそのものを楽しむ趣向のアクセサリーも作られるようになりました。

刻印の種類 刻印の説明
メーカーズマーク DP

製造者のマークで、普通イニシャルで表されています。

オックスフォードタイムが扱っております商品のDPは、メーカー Dauglas PellのDPが刻印されています。

シルバーの純度 925

英国では、14世紀になると、銀の含有率が92.5%を超えるものだけを正式なシルバー製品にする、という決まりができました。

それがスターリングシルバー です。その証明が925 という刻印です。

アセイオフィスの
マーク

現在英国内には、ロンドン、バーミンガム、シェフィールド、エジンバラの4カ所のアセイ(試金)オフィスがあります。

このヒョウのマークは、最も歴史の古いLondonのアセイオフィスにて、鑑定刻印されたことを表しています。

デートレター F,K

製造年を表しています。

アルファベットと枠の組み合わせ、大文字小文字、ブロック体など様々なデザインで表される文字で、何年に刻印されたかを示しています。

オックスフォードタイムの在庫の商品のデートレターは、いつでもお問い合わせください。



英国製・イギリス製
イギリスの伝統を守りながら茶器、
食器などの銀製品を作り続けるブランド「ヨーマン社」のカフス

ヨーマン社のカフス

英国製・イギリス製
イギリスの伝統を守りながら茶器、
食器などの銀製品を作り続けるブランド「ヨーマン社」のタイピン

ヨーマン社のタイピン

英国製・イギリス製
イギリスの伝統を守りながら茶器、
食器などの銀製品を作り続けるブランド「ヨーマン社」の純銀製品

ヨーマン社の純銀製品

英国製・イギリス製
イギリスの伝統を守りながら茶器、
食器などの銀製品を作り続けるブランド「ヨーマン社」
ヨーマン社の銀製品
< 前のページ
次のページ >
12件 [ 1-12 ]

おすすめ商品