Taylors of Harrogate



1886年、チャールズ・テイラーによって設立されたテイラーズ・オブ・ハロゲイトは、
作家アガサ・クリスティーがこよなく愛したエドワード王朝の香りを残すハロゲイトの地に、
一世紀以上の歴史を刻みながら今なお家業として茶商を営んでおります。
この鉱泉の町として知られるハロゲイトの水を活かし、世界各地から集めた茶葉を絶妙にブレンドして
ヨークシャー・ティーに代表される英国でもトップブランドの紅茶を作り上げました。
また1919年にフレデリック・ベルモントが創業して以来、
英国紅茶協会のトップ・オブ・ティー・プレイス・オブ・ザ・イヤーに幾度も輝いている
Bettys cafeと1962年に合併し、Bettys&Taylors of Harrogate として現在に至っています。






北イングランド・ヨークシャーからデイリー・ティーとして気軽に味わえる「ヨークシャーティー」が届きました。
老舗茶商がブレンドした紅茶はまろやかでコクがあり、飲みやすいと評判です。
世界でのべ800万杯も飲まれているほどポピュラーな紅茶には2種類の味わいがあります。
「ヨークシャーティー」は、はっきりした広がりのある渋みが特徴。
ストレート、ミルクティーでも美味しく頂けます。
英国紅茶協会から何度も賞を受賞している「ヨークシャーゴールド」は、なめらかでマイルドな口当たり。
どちらも英王室御用達の認定を受けています。
旅ごころをそそる、可愛いパッケージにも注目。
水彩画タッチで描かれているのは、
ヨークシャーティーの故郷"ヨークシャーデイルズ"やこの地方のランドマークたち。
なだらかな起伏が続く緑の大地に、ドライストーンウォールというグレーの石壁がどこまでも伸び、
のんびり草をはむ羊たちや伝統のスポーツ、クリケットを愉しむ人たちの姿も。
こんなところに行ってみたい!と、紅茶片手に旅気分に浸ってしまいそうです。
可愛いけれど王室御用達という気品もあわせもつ「ヨークシャーティー」、
ぜひあなたの毎日のティータイムにどうぞ。


< 前のページ
13件 [ 1-12 ]

おすすめ商品